お正月休みの間に行った呑みの話

お正月休みも終わってしまい、憂鬱な日々を過ごしております。
お正月休みの間に合計4回呑みに行きましたが、そのうち2回は急きょ決まったものでした。
特にその2回のうちの1回は前日に急に連絡がきました。
連絡してきたのは高校の頃の同級生の男の子でした。
その子と連絡を取ること自体久しぶりすぎて、どんな対応をしたらいいのかアタフタしました。
しかしサシではなく、その子が仲の良かった男子もう1人と、私の親友との4人での呑みの誘いでした。
私の親友は呑みの次の日に進学先がある県に帰らなければいけなく、呑みをしても早めに解散することを条件に約束しました。

当日になり時間の変更などもありましたが、ようやく4人がそろいました。
みんな高校の同級生なので顔はもちろん知っていますが、そこまで親密でもなかったので会話がなかなか進まず…。
正直ものすごく気まずかったです。(笑)

みんなそれぞれ進学していて、専攻しているジャンルも全員違うのでそのことの会話といってもすぐに終わってしまう。
高校の頃の話といっても、みんな忘れてしまって進まず。
本当に話題がなさすぎて、なんで集まったんだろうとさえ思えてきました。

そんな中でも会話が続いたのはやはり『恋愛』の話題でした。
下ネタも挟みつつ、盛り上がりました。
最初は信じられないくらい気まずかったものの、その雰囲気にも慣れ後半は笑う回数も増えました。
なんだかんだで楽しかったということです。

卒業してから女友達と遊ぶことはあっても、男友達と会う機会がなかったので
すごく新鮮でした。
また機会があればこういう呑み会もアリだな、と思いました。

iPadのおかげさま様でいいのか??

わが家では一人一台、iPadを持っています。

私の母、つまり子供たちのばあばが「今の時代はお勉強をするのにも必要よね」「ばあばとこれでSkypeしましょう」なんてことで買ってくれたiPad。
実際の使い道はと言うと、母になかなかこの光景は見せられたものじゃありません。

iPadさえあれば、Wi-Fi環境にいればお友達とFaceTimeもできる。見逃したテレビも見れる。わからないことがあったらググるかSiriに確認。。
時代はすっかり変わりましたよね。

私たちの時代は、友達同士の連絡手段も家電しかなく、友達のご家族との会話を経た後でやっと友達と話せたわけです。しかも大抵家電を使いたい時間が兄弟間で重なり…早く切れだのなんだの文句を言われながら。彼氏ができた時、彼氏からの電話を父親に出られてしまった時の気まずさと言ったら。。

調べ物だって図書館へ行くしかありませんでしたよね。ひたすら関係図書を探して、内容が違ったらまた探して、ひたすらページをめくって。

我が子たちにそんな話をしたのが間違いでした。ワタクシ、化石扱い。

え?インターネットなかったの?!えーーそんなのすごい時間かかるじゃん!!

そうです。そうやって昔の人(なんて自分のことを呼ぶ日が来るなんて(涙))は時間をかけ、手間をかけてきたわけです。
一瞬にして何でも実現できてしまう君たちの時代とは大きく違う!

でもね?この、夕飯が終わって一通りの家事も終わり、お風呂に入ってさて寛ごうか!という時間帯に、各自がiPadに集中する1時間が意外と癒し…なのは否めず。