毎日怒られていたけど、最近少しは大人になったなーと思った息子にまたがっかり。

毎日のように私から同じことで2、30分毎に怒られていた10歳の息子に、どうやって指導したらいいのか悩んでいたのですが、ゲームを取り上げて、返してもらうために頑張らせたり、どうしてこうしなければいけないのかを地道に説明したりと頑張った結果、最近やっと少しは怒られなくなってきたのです。
毎日悩んでいたので、さすがに10歳だし、少しは大人になってくれたんだなと喜んでいたのですが、冬休みに入って、いつもの恐怖の宿題の時期。
いつも全部やるのにかなりの時間がかかり、終わるのがギリギリになって、決まって私が最後にギャーギャー言って無理やり終わらせるのが恒例になっていました。
「今回はそんなに量もないし、毎日やる量も決めてるから全然余裕~。」
と本人は自信満々に言っていて、実際に毎日当日分はもう終わったからと嬉しそうに報告をしてきていたので、今回は大丈夫かなと思っていたのですが、ドリルの途中経過を見てみると、どのページも空欄だらけ!
「なんでやってないの!?」
と聞くと、
「そこ分からなかった…。」
とのこと。
分からない量が半端ないので、毎日そんなに時間をかけずに終わっていたらしく、私はこれが現実かとがっかりしました。
更に先生にやらなくてもいいと言われていたページが埋められていて、先生の話もまったく聞いていないのかと更にがっかり。
その日から息子との勉強に数日かけ、なんとかドリルは終わりましたが、最後に書き初めをやっているのを見てまたびっくり。
去年は硯が逆向きになっていた程で、何を習っているんだと文句を言いながら教えたのですが、今回も全体的に字がにじんでいたり、小筆は墨が固まって毛先の方までカチンカチンの状態からなかなか直らなかったりで、なにもかもをまた教え直しながらやらせました。
お正月は太りやすいので、気を付けようと思っていましたが、ストレス食いで、がっつり肥えてしまった私でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)